競馬投資ソフトで約4100万円脱税か マッチングアプリで女性らに販売

With
競馬投資ソフトで約4100万円脱税か マッチングアプリで女性らに販売

マッチングアプリを使って、従業員に競馬投資ソフトを販売させていたグループの代表が、およそ1億2,500万円の所得を隠し脱税した疑いで、東京国税局から刑事告発された。

刑事告発された植野瞬代表(35)は、代理店契約をした従業員に高額な競馬投資ソフトを販売させて、自分の売り上げではないように見せかけ、3年間でおよそ1億2,500万円の所得を隠し、所得税およそ4,100万円を脱税した疑いが持たれている。

関係者によると、従業員がマッチングアプリを使って知り合った女性1,200人以上に、投資ソフトを販売していたという。

植野代表はすでに、修正申告を済ませている。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

コメント