マッチングアプリ ▶︎ AIの進化で人の経験と勘が不要になる

With
マッチングアプリ ▶︎ AIの進化で人の経験と勘が不要になる

とてつもない進化を遂げているAI(人工知能)。これからの時代、人の経験と勘は不要になるのかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【プロフィール】リクルート、イオン等で経営を学び経営コンサルタントとして独立。年間200回を越える講演やセミナーを主に社長、経営幹部向けに行っている。そして愛媛県と東京都、神奈川県、埼玉県などの関東圏を中心に企業や団体などのブランディングを多数手掛ける。愛媛県認定講師として県下公務員の研修も担当している。心理学・マーケティング・ブランディング講師としても評価されている。メイン事業は企業のコンサルティングとブランディング。

愛媛県松山市出身。1976年2月3日生。
地元の高校卒業後、地元大手ホームセンターに11年間勤務。小売業最大手で自分の力を試したいとイオン株式会社へ転職。統括マネージャーとしてマネジメントやマーケティングを学ぶ。さらなる優秀層のいるフィールドを求めて株式会社リクルートへ転職。リクナビの営業として中小企業の採用のお手伝いを経験。HR事業を学ぶ。たくさんの中小企業の社長から刺激を受け起業マインドが目覚める。いつか起業したいと考えながらも中小企業を数社転々と渡り歩く。中小企業では本質的な経営について多くを学ぶ。長いサラリーマン経験を積み、2016年39歳の時に経営コンサルタントとして独立。
ほとんどの大手は効率化や労働生産性を追っているが、その経営の先に社員の幸せは無い、という確信を得ているため今では中小企業のコンサルティング、ブランディングに絞り込んで事業展開している。中小企業の魅力を引き出し、さらに輝くことで日本全体が必ず良くなると信じ、「真善美の一貫した企業を生む」ことをビジョンに掲げて日々奮闘している。ブランディングについては単に派手に見せるプロモーションではなく、経営理念(判断基準、価値観)を明確にしそこから意味付けされたマーケティングを元にブランディングを大切にしている。
ブランディングの優先順位としては
①経営理念(判断基準・価値観・その会社らしさ)を明確にする
②ビジョン(方向性・目的)を明確にする
③マーケティング分析(市場の情報収集と分析・社会の課題発見)
④ブランディング(社会の課題解決・価値創造)

経営理念は「わたしは機会。関わることで成長の機会となることをお約束します」

◆経営コンサルタント 株式会社ロジカルマネジメント 代表取締役  岩城博之
◆本社:愛媛県松山市  東京オフィス:東京都千代田区
◆会社HPはこちら → http://logimana.com
◆Facebook(岩城博之)→ https://www.facebook.com/profile.php?id=100004186539499
◆Facebook(会社ページ) → https://www.facebook.com/logicalmanagement/

コメント